英国アンティーク

英国の人々と紅茶は切っても切れないもので、一日に多い時は7回も紅茶を楽しみます。Shall I put on the kettle? とかCup of tea?など日常生活の中でこのフレーズが飛び交います。
 
また、紅茶といえばアフタヌーンティーを思い浮かべる人が多いのではないでしょか?このアフタヌーンティー実は200年ほどの歴史があるに過ぎません。
 
17世紀後半に英国王チャールズ2世のお妃になったポルトガル王室出身のキャサリン王妃が祖国の習慣であったティーを英国王室にもたらしました。
 
その後ティーは、上流階級で人気ととなり、19世紀始めになってベドフォード公爵夫人によってアフタヌーンティーが始められたとされています。
 
ラングサーブでは、このアフタヌーンティーに欠かせない茶道具(陶器や銀製品)や英国雑貨を豊富に取り揃えております。
 

 
★英国カルチャーとアフタヌーンティーミニセミナー★
~1回2000円(紅茶、スイーツ付)~

~お茶を楽しみながら英国の習慣や文化にふれてみませんか~

★英国ならではのトピックスについての英語によるミニセミナを開催しています。(日本語通訳付)。

★セミナーの後は、お茶とスイーツを楽しみながら日本語もしくは英語でどちらでもお好きなほうでおしゃべり(チャット)をして楽しく過ごしてください。

★一度参加してみませんか?

 
 
アンティーク陶器(English Bone China)
 
 
 
 
 
英国銀食器(English Silverware)